イデアについて

イデアの教育
当アカデミーでは、音楽教育として「人間として何を学ぶべきか」を大切にしております。 そのためには、単にピアノが上手くなるだけではなく、作曲家の魂も大事だと考えております。 偉大な作曲家達は何故生涯にわたり、作品を残し続け、その作品を通じて作曲家と向かい合い、共感し、 作曲家の生き様から大切なものを感受することは、本当に重要なことだと思います。 また、音楽を学ぶと共に幅広く文化全般を教養として身につける事が大切だと考えます。 当アカデミーでは、音楽以外の分野の専門家との交流を体験することにより、 人間として何を学ぶべきかを考える場を提供したいと思います。
『イデアプロジェクト』

イデア・ミュージック・アカデミーの理想
当アカデミーの理想の形は、その昔ゲンリヒ・ネイガウスを中心とした『スクール』がロシアに存在したように、生徒だけではなく、先生方も一緒に協力し合い学ぶことにあります。
”ネイガウスの伝統”を受け継いだウラジーミル・トロップ先生に指示したイリーナ・メジューエワさんを中心に、同じくロシアの伝統を受け継いだアレクサンダー・サッツ先生に指示した中西講師を橋渡し役として、その伝統を若いピアニストや先生方、そして生徒たちに伝えていきたいと考えております。このプロジェクトは、単発的なレッスンに留まらず、定期的に色々な形態で続けて行きたいと思います。

アカデミーの特色
イデアにとって一番の強みは、世界的なピアニスト、イリーナ・メジューエワさんとの公私にわたる交流にあります。
主に音楽に対する考え方、ロシアでの音楽教育を直に学ぶことができる環境があります。
昨年はイリーナ・メジューエワさんを中心とした4日間の合宿という、この上なく恵まれた環境を実現することができました。