イデア・フレッシュ・コンサートVOL.35

中山美紀さんごあいさつ
2015年に「ABC新人音楽賞」を受賞してから、イデア・ミュージック・アカデミー様のご尽力によりリサイタルの機会を頂き、今回が3度目となります。 さて。私事になってしまいますが、昨年の今頃私は絶望の底におりました。というのも、大きな病気…ある難病が発覚し、それもステージは一番最悪の状態と診断されたのです。病院のベッドで天井を見上げながら「人生は思ったほど長くない」と過ぎりました。死を身近に感じてようやく、本当にやりたいこと、やらなければいけないことが見えてきました。恥ずかしながら、病を得なければ分からなかったと思います。そうして今、日々を忙しく消化する生活から、歌えることそれ自体を神様に感謝する毎日になりました。 とはいえ退院後は階段すら上がれない状態で、1分と立ち続けて歌えませんでした。悔しさに泣きながら何か目標を立てようと決め、真っ先に浮かんだのは「来年リサイタルをする!」ということ。治療を続けながら歌のレッスンに通うなか、本日のリサイタルのお話を頂きました。思ってもみなかったプレゼントです。 果たして最後まで歌いきれるのか…!?この文章を書いている今も少し不安ですが、本番が楽しみで仕方ありません。どうか温かく見守ってください。 素晴らしいサポートで夢を叶えてくださったイデア様、そしてここにお集まり頂きました皆様に心より感謝申し上げます。学生時代良きパートナーとしてリサイタルを支えてくれたピアニスト谷本くんも、今では夫となり今夜も一緒に音楽を奏でてくれます。1曲ずつ、大切に歌わせて頂きます。皆様のお心に何か少しでも届くものがありましたら、まだちっぽけな音楽家の一人としてこんなに嬉しいことはありません。

コメントを残す